« 森吉山阿仁スキー場 | トップページ | 純白の利尻島山遊び体験モニターツアー ~ペシ岬見学編~ »

2009/02/28

純白の利尻島山遊び体験モニターツアー ~上陸編~

20090228a.jpg
天候:曇
利尻富士町観光協会の主催する、北海道の利尻島の冬山遊びを紹介するという趣旨に賛同したブロガー向けの格安のモニターツアーに縁あって参加することが出来ました。
それまで利尻島自体は知っていましたが、冬に訪問することは考えたこともなく、また、スキー場があるという情報を聞いていましたので、非常に楽しみでした。
出発が近づくにつれて妙に緊張して、睡眠不足のまま出発当日になりました。

行程は羽田空港から稚内空港まで昼頃の飛行機で移動し、稚内空港から稚内港までバスで移動して、稚内港からフェリーで利尻島上陸、という流れです。
稚内は風が強くてめったに雪が積もらないらしいのですが、まるで新潟の雪国のように街中に除雪した雪の山が築かれていまして、とても暖冬とは思えない景色でした。

画像は利尻島鴛泊港に到着したフェリーからみたペシ岬です。

20090228a01.jpg羽田空港の出発ロビーに到着しました。
航空会社はANAなので第2ターミナルです。

20090228a02.jpg宛先表示板を確認しました。
稚内行きは定刻ですが、搭乗口ではなくバスで移動ということでした。

20090228a03.jpg稚内行きの機体、B737-800です。
以前八丈島へ行くのに乗った機体(B737-500)の兄弟ですかね。
このあたりから、同じツアーのブロガーらしき人々の行動が目立つようになりました(笑)

20090228a04.jpgたまたま席が空いていたので外が見える席に移動できました。
天気良かったのでしばらく空の旅をお楽しみください。
ここは栃木県上空で、左からメイプルヒルスキー場跡、鶏頂山スキー場跡、エーデルワイススキーリゾート。
広い部分は鶏頂高原の開拓地です。

20090228a05.jpg吾妻山上空付近です。
中央の広い雪原は桧原湖、左上の綺麗なカルデラは猫魔岳で、白いのは雄国沼周辺です。
その下に見えるのが裏磐梯猫魔スキー場、その左側がアルツ磐梯スキー場の猫魔ボウルです。
左中央に裏磐梯スキー場があります。

20090228a06.jpg同じく吾妻山上空で、中央に天元台スキー場。
その上の細い道路が西吾妻スカイバレーです。

20090228a07.jpg純白の鳥海山です。

20090228a08.jpgとてもわかりやすい田沢湖です。

20090228a09.jpg秋田駒ケ岳上空付近から見る田沢湖の元4兄弟のスキー場です。
左端にちょっとだけ見えるのがスノーワールドタザワ跡、左中央に見える広いスキー場が田沢湖スキー場、中央に見える細長いのが田沢湖高原アッスルスキー場跡、右下に見える四角いのが乳頭スキー場跡です。

20090228a10.jpg右中央のピークが森吉山です。
左に伸びる尾根と尾根の間の狭い雪原が阿仁スキー場のベースです。

20090228a11.jpg世界遺産の白神山地です。

20090228a12.jpg平地にぽっこり、津軽富士の別名を持つ岩木山です。

20090228a13.jpgこれもわかりやすい、十和田湖です。

20090228a14.jpg広い雪山で大人気の八甲田山です。

20090228a15.jpg一気に下北半島まで飛びます。
中央下側にあるのがむつ市釜臥山スキー場です。

20090228a16.jpgついに北海道上空です。
中央に見える直線状のものが函館空港で、そのそばにある函館山は雲の下でした。

20090228a17.jpg噴火湾に堂々と君臨する北海道駒ケ岳です。
左中央にニヤマ高原スキー場がちょっとだけ見えます。

20090228a18.jpg手前の丸い湖が倶多楽湖、遠くの中島を持つ大きな湖が洞爺湖です。

20090228a19.jpg右上に羊蹄山、その左下に尻別岳が見えます。
尻別岳の左下にルスツリゾートがあるのですが、ちょっと雲に隠れています。

20090228a20.jpg稚内空港に着きました。
空の半分はどんよりした雪雲に覆われています。

20090228a21.jpg空港前の路線バス乗り場です。
ここから稚内フェリーターミナルまで路線バスで移動です。
一般の方も一緒なのであまり騒げませんでした(笑)
このあたりで、ようやく友人のHさんら山スキー御一行にご挨拶できました。

20090228a22.jpg空港から稚内市内への海岸沿い道路から見た、山の上の稚内公園です。
一番高い塔が百年記念塔で、その足元が稚内市公園スキー場跡ですが、冬季は道路が塞がって行くことができないそうです。
同様に、タロジロの樺太犬訓練記念碑にも行けないとのことで、せっかくの冬の観光資源、もったいないことです。
海岸沿いの道路の両脇にも除雪のカベが高く作られていました。
稚内でもこれほど雪が降るのは珍しいことだとか。

20090228a23.jpgバスの中から見た、JR稚内駅です。
除雪した雪山が高く積まれて、まるで越後湯沢みたいな雪国の風景ですが、本来は風が強くて積もらないらしいです。

20090228a24.jpg稚内フェリーターミナルです。
かなり寒い風が吹き付けていました。

20090228a25.jpgフェリーターミナルの内部です。
まだ建て替えられて期間が短いようで、まるでホテルのロビーのようです。
ここにショップがあって買い物ができましたが、品揃えが北海道仕様なのが興味深かったです。
出発ロビーは2階になっていましたが、改札後の搭乗は結局1階に下りることになります。

20090228a26.jpg利尻島へのフェリーです。
思ったより小さい感じでした。
搭乗時のタラップが揺れてましたが、伊豆七島に行く時のように気をつけるように言われず、勝手に乗ってくれ、という感じなのが北海道流ですね。

20090228a27.jpgフェリーの後部は車を積み込むための入口がありました。
ここのゲートが閉まるといよいよ出航です。

20090228a28.jpgノシャップ公園越しに利尻岳がうっすらと姿をあらわしました。
日を浴びてなんと神々しい姿でしょうか。

20090228a29.jpg野寒布岬に近づくと、はっきりと利尻島の輪郭が見えてきました。
ポン山の輪郭もわかります。

20090228a30.jpg山スキーのHさんから頂いたビール、船会社の名前と同じハートランドビールです。
東京でも昔は売っていましたが、今ではほとんど見かけないビールが飲めるのは感動です。
ちなみにフリースのグローブをしていますが、冷たい潮風で素手ではとても我慢できず、ビールを飲んでも暖まった感じはしませんでした。

20090228a31.jpg野寒布岬の航空自衛隊稚内分屯基地です。
このレーダー群を見ると、ここが国防の最前線なんだなぁ、と実感せざるを得ません。

20090228a32.jpgまたまたHさんからの頂き物、サッポロ・クラシック。
北海道といえば、やっぱりこれですね。

20090228a33.jpg船内の様子です。
かなり波が荒れていたようで、慣れていない人はかなり厳しい船酔いに襲われたそうです。
幸い、八丈島で慣れているので平気でした。

20090228a34.jpgだいぶ利尻島に近づき、利尻岳がはっきり見えるようになりました。
この時は残念ながら山頂が雲に隠れたままでした。

20090228a35.jpgフェリーの船上からペシ岬が大きく見えました。
こちら側が斜面で反対側は絶壁になっていて、タフコーンの残骸のようですね。
岬の先端に小さな灯台があり、そこに続く道の途中からシュプールが2本見えました。
これを見て、山スキー御一行が俄然ざわめき立ちました。

20090228a36.jpg鴛泊フェリーターミナルで島の方々の歓迎を受けました。
そして記念撮影の後、後方のホテルの送迎バスでホテルへ移動です。

20090228a37.jpg宿泊先になったホテル「あや瀬」です。
夏に改装したばかりの綺麗なホテルで、名前も「あや瀬」に変わったそうです。
ホテル前もパウダースノーの積雪がたっぷりでした、もうたまりません。

20090228a38.jpgホテルのロビーでのオリエンテーション。
観光協会長の黒川さん自らの暖かいガイダンスでした。

20090228a39.jpgホテルの部屋です。
半分は洋室でユニットバス・トイレ付きのツインベッド、もう半分が座敷になっています。
夏は1万5千円以上の部屋で贅沢すぎます。

20090228a40.jpg稚内からの航路のトラックログをプロットしました。

20090228a41.jpg同じく鴛泊のトラックログのプロットです。

|

« 森吉山阿仁スキー場 | トップページ | 純白の利尻島山遊び体験モニターツアー ~ペシ岬見学編~ »

コメント

いやー、待ってました!
空からのスキー場ガイド、さすがですね。
トラックログというのも興味深いです。
文章も読みやすく、温かい感じで好きです。
続編も楽しみにしています。
お疲れ様です。

投稿: おおとろ | 2009/03/24 22:40

> おおとろさん
コメントありがとうございます(*^-^)
誉めすぎです、照れます(^-^;
スキー場空撮は隣にdocatさんという優秀なスキー場ガイドさんがいましたので、あれがそうかも、違うかも、と楽しい飛行機の旅でした(*^-^)
帰りは太平洋側だったので残念でしたが…。

投稿: まてぃ | 2009/03/25 08:16

昨年お世話になった大和です。
今回も新会社で利尻ツアーのお手伝いさせていただくことになりました。
リンク貼らせていただいております。
よろしくお願いします。
http://www.wak-wak.com/tour/mt_rishiri.html

投稿: ヤマトです | 2010/02/05 12:03

> 大和さん
去年は大変お世話になりました。

今年は残念ながら参加できないのですが、また楽しいイベントになるように祈っております。

投稿: まてぃ | 2010/02/18 04:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42425/44395206

この記事へのトラックバック一覧です: 純白の利尻島山遊び体験モニターツアー ~上陸編~:

« 森吉山阿仁スキー場 | トップページ | 純白の利尻島山遊び体験モニターツアー ~ペシ岬見学編~ »