« ゲンゼスキー場(廃) | トップページ | 但馬牧場公園スキー場 »

2009/01/24

おじろスキー場

20090124a.jpg
天候:大雪時々晴れ
兵庫県のおじろスキー場です。
兵庫県の北部にあり、有名なハチ高原&ハチ北スキー場よりさらに北にある、ちょっと穴場的なスキー場です。

ゴンドラができる前は狭い林道をアクセスして登行リフトに乗る必要がありましたが、8人乗りのゴンドラができて格段に便利になりました。
そのため、今までのスキー場と違うという意味をこめて、ニューおじろスキー場と呼ばれることもあるようです。

この日は大雪のため、一瞬晴れた時以外ははっきりした画像が撮れませんでした。
いくつかの画像のゴミは雪で付いた水滴で、見づらくてすみません。

20090124a01.jpg小代地区のゴンドラ入口です。
夜中到着だったので、あやうく通り過ぎるところでした。
このあたりは融雪施設がしっかりしてましたが、国道からここまではたっぷり積雪の圧雪路でした。

20090124a02.jpg駐車場にあったゲレンデガイドです。
いくつかコースがありますが、スキー場自体が巨大な2段式1枚バーンのようなもので、そのほとんどが木々やリフトで仕切られた部分を通るようなコースです。

20090124a03.jpgゴンドラステーションの麓駅です。
内部は簡易的なスーベニアショップとチケット売り場のみしかありません。
トイレは夜間でも使えました。

20090124a04.jpgゴンドラ内から外を写したところです。
8人乗りのゴンドラで、かぐらゴンドラや白馬五竜ゴンドラより一回り大きいものです。
頂上までは尾根を何度か乗り越えて行きます。
下に見えるのが昔の登行リフトです。

20090124a05.jpgゴンドラ降り場から第1リフト方面です。
第1リフトは昔ながらのシングルリフトです。
少し歩きますが、そばに他にレンタルショップや無料休憩所があります。

20090124a06.jpg第1リフトそばの登行リフト降り場です。
片側のシングルリフトは搬器が付けられているので、使われることがあるのでしょうか。

20090124a07.jpg第1リフト降り場から上部を見たところです。
谷状のところがポールバーンとなっていてます。
この日はポール練習のためコース規制がかかっていました。
右側の斜面も滑走可能ですが膝下くらいまで新雪が積もっていました。

20090124a08.jpg第1リフト降り場から左手を見たところです。
目の前のコースはドラゴンロードコースで、右側に第3リフト乗り場があります。
上部からレーサーが滑ってくると交差するので危なそうですが、それほど混雑することがないのかもしれません。
第3リフトもシングルリフトですが、スキー場の一番高いところまで行きます。

20090124a09.jpgドラゴンロードコースの下部です。
幅広の尾根を滑るコースで、交通量が比較的少ないので初心者が練習するのによさそうです。

20090124a10.jpg第1リフト乗り場から見たドラゴンロードコースの最下部です。
一番麓でも見ての通りのたっぷり新雪でした。

20090124a11.jpgちょっとわかりづらいのですが、ゲレンデ最上部です。
向う側の山影にうっすらと見えるのが第3リフト降り場で、ぐるっと弧を描くようにゲレンデ中央へ出てきます。
この弧から左へ滑り降りるコースがデビルフェイスコースです。

20090124a12.jpgスキー場上部、デビルフェイスコースとエンジェルフォールコースの間のあたりです。
視界が悪く、更に降雪の為、コースの境界がはっきりしていませんでした。

20090124a13.jpg同じくスキー場上部、エンジェルフォールコースの下あたりです。
わかりづらいですが、左側にキッカーがありました。
前方の人が集まっているあたりに第2ペアリフトの降り場があります。

20090124a14.jpgゲレンデ中腹部、第2ペアリフト降り場を過ぎたあたりです。
右側にポールバーンがあり、前方に第1リフト降り場が見えます。
膝下まで埋まる新雪バーンでした。

20090124a15.jpgゲレンデ下部、第1リフトを降りて右に行ったビッグソリッドチョココースの斜面です。
右側の高まりはツイストフロッグコースです。

20090124a16.jpgゲレンデ下部を下からみたところです。
左側の斜面がツイストフロッグコースと右側のビッグソリッドチョココースの関係が良くわかります。
その境目も仕切りがあるわけではないので、勝手に滑っているようです。
この時、一瞬だけ晴れて視界が開けました。

20090124a17.jpg第2ペアリフト降り場あたりから見たゲレンデ上部です。
右の木々沿いの急斜面がエンジェルフォールコースです。

20090124a18.jpg第2ペアリフト乗車中に見たコザックダンサーコースです。
広い斜面に新雪が積もっていて、滑走可能なのか滑走禁止なのか判断がつかないのか、あまり人が滑っていませんでした。

20090124a19.jpg同じく第2ペアリフト乗車中に見た、第4ペアリフトです。
第2ペアリフトと第4ペアリフトの間はちょうどいい斜面のコースになっていました。
第4ペアリフトの向う側にコザックモンキーコースがあります。
また、その上部にはボックスやレールが設置されていました。

20090124a20.jpg第3リフトに乗っていたら、左のスキー場外から中・高校生くらいのクロスカントリーの団体が入ってきました。
この右側に小さな小屋があり、そこが目的地のようです。
地図を見ると、スキー場の更に奥まったところの集落から林道を上がってきたと思われます。
この大雪の中のトレーニング、ご苦労様です。

20090124a21.jpgゴンドラで下りる時に見えた、登行リフトです。
谷を渡る防護ネットの先がリフト乗り場でした。
はっきりいって物凄い山の中で、ここまで車で上がってくるのは相当苦労したことと思われます。
というか、駐車スペースあるんでしょうか。

20090124a22.jpgスキー場から国道と反対側に行ったところにある、立ち寄り温泉施設の温泉保養館「おじろん」(http://www5.nkansai.ne.jp/off/eeu/)です。
建物が渡り廊下のようになっています。

20090124a23.jpg上記の渡り廊下をくぐって左の駐車場に入ると、そこが「おじろん」の正面玄関です。
平成20年12月にリニューアルしたばかりで、とても奇麗で、料金が300円と破格です。

20090124a24.jpg「おじろん」のロビーです。
風呂は男女とも、大浴場、露天風呂、サウナ、寝ころび湯があり、ボディーソープやシャンプーがあるのも当然な感じです。
また、休憩室も食事処もあり、高価な立ち寄り温泉並みの設備です。

20090124a25.jpgスキー場から帰る途中のゲートです。
このゲートの手前の左側に、登行リフトへの道があるそうです。
この時はほとんど除雪されてないようでしたが、間違えて行かないようにしているのかもしれません。
ゲートには「おじろスキー場」と書いてありますが、右端のゴンドラへの案内看板には「ニューおじろスキー場」と書いてありますね。

20090124a26.jpg国道9号沿いのスキー場案内です。
養父からはこの看板を見てから次の交差点で左に曲がるのですが、この看板の手前に新しく広い道が出来ていて、手前の信号のある交差点で曲がる方がちょっと楽です。
その道は画像の森の手前に橋と一緒に写っています。

20090124a27.jpgおじろスキー場のトラックデータをカシミール3Dで1/25,000地形図にプロットした図です。
ゴンドラの長さが際立っています。
コースはスカスカな感じですが、リフトとリフトの間は一面滑り放題なので、滑りつづければ赤で塗り潰したような図になるはずです。

|

« ゲンゼスキー場(廃) | トップページ | 但馬牧場公園スキー場 »

コメント

標高700m前後のスキー場でしょうか?それにしては積雪量凄いですね~。まてぃさんは新雪遭遇率高いですね!!
ゴンドラは登行用専用ですか。ヘブンスそのはらタイプなのかな?冬季以外の観光にも使っているのでしょうか。ゴンドラ不要と思われる白樺高原国際は夏場を中心に観光用で通年運行のようですが、そういった利用がないと経営上厳しいですよね^^;

コースはコース図以上に開放的で、何処を滑っても良さそうな感じですね。フォールラインは1本だとしても、幅があるから競争率も分散されて低そうですね。

投稿: 信州有賀峠 | 2009/01/30 19:21

> 信州有賀峠さん
いつもコメントありがとうございます(*^-^)
そうですね、標高低い割には兵庫の屋根といわれる鉢伏山や氷ノ山があって日本海からの雪雲を引き止める形になるので、大雪になるのかと思います。
夏でも涼しげな高原ですが、ゴンドラや登行リフトは動かしてなさそうですね。
営業的にはなかなか厳しいかと思います。
幅広いスキー場で、もっとお客さん来ても良さそうな感じでした。

投稿: まてぃ | 2009/01/31 18:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42425/43898199

この記事へのトラックバック一覧です: おじろスキー場:

« ゲンゼスキー場(廃) | トップページ | 但馬牧場公園スキー場 »