« 奥只見丸山スキー場 | トップページ | みやぎ蔵王えぼしスキー場 »

2008/12/20

みやぎ蔵王すみかわスノーパーク

20081220.jpg
天候:晴
宮城県のみやぎ蔵王すみかわスノーパークです。
標高が高いので、この時期でも全面滑走可能になっていました。
厳密には上級コース1コースが閉鎖されていましたが。

さらに雪上車(CAT)を使った刈田岳へのバックカントリーツアーに力を入れていて、この日が今シーズン最初の日でした。
正直な所、雪が少なくて残念な感じでしたが、道路が閉鎖された蔵王エコーラインを通って刈田岳山頂まで行けるのは素晴らしい経験でした。

麓の遠刈田温泉は泉質も良くて滞在に便利です。
欠点は麓からのアクセス路ですね。
沢に挟まれた狭い尾根に作られた蔵王エコーラインをクネクネ登る必要があります。

2008122001.jpgゲレンデのコース図です。
スキー場自体は大きく分けて、急斜面コースと閉鎖されている車道を利用した迂回の緩斜面コースのあとみゲレンデ、あとみゲレンデとすみかわゲレンデを繋ぐ林間コース、パークが設置されている緩斜面のすみかわゲレンデとなっています。
スキー場自体は見た目より狭い感じがします。

2008122002.jpgすみかわ第1リフトの乗り場です。
初級コースにかかっているので速度は遅めです。
そのため、このようにコースを塞ぐ形で並んでしまうことが多いようです。
また、コースの途中でもあるので乗り場まで平らではなく、スノーボードは板から片足を外す関係で乗りにくく、昔のスキーオンリー時のままの設計という感じです。

2008122003.jpgすみかわ第1リフトの途中です。
左がすみかわゲレンデBコースで、右側にテレインパークが併設されていました。

2008122004.jpgすみかわゲレンデBコースのでだしです。
すみかわ第1リフトを降りて左に行きます。
コースをトラバースして右に行く小道を進むと、すみかわゲレンデCコースへ行けます。

2008122005.jpg同じくすみかわゲレンデBコースの後半です。
幅が広い緩斜面で、初心者に向いています。
遠くに小さく人が並んでいるのが見えますが、そこがすみかわ第1リフト乗り場です。

2008122006.jpgすみかわゲレンデAコースのでだしです。
すみかわ第1リフトを降りて右側へ進むとすみかわ第2リフトの乗り場がありますが、そこをさらに進みます。
あまり人が滑らないせいか、コースがややトリッキーな感じです。

2008122007.jpg同じくすみかわゲレンデAコースの後半です。
すみかわゲレンデBコースに比べると斜度があり、スキーで滑走するにはこちらの方が楽しそうです。
コースの終点にはテレインパークとしてボックスが設置されていていました。

2008122008.jpgすみかわ第2リフト降り場です。
左からくるコースは観光ツアーコースで、ここを真っ直ぐ行くとすみかわ第3リフト乗り場があります。
麓へ行く場合もここを真っ直ぐ行くしかありません。

2008122009.jpg廃止されているリフトの残骸です。
すみかわ第2リフト降り場とすみかわ第3リフト乗り場の間の観光ツアーコースの左手にあります。
古そうなシングルリフトで、あとみゲレンデBコースのでだしに降り場があるようです。

2008122010.jpgすみかわ第3リフト乗り場そばの分岐点です。
立て札がわかりづらくなっていますが、要は、ここを右に曲がると第2リフト林間コースを経由して、すみかわ第2リフト乗り場方面とすみかわゲレンデBコース、すみかわゲレンデCコースへ行くことができます。
逆に、ここを曲がらないとすみかわ第2リフト乗り場へは行けず、そのまますみかわゲレンデAコースか観光ツアーコースを経由して麓へ一直線です。

2008122011.jpg第2リフト林間コースのでだしです。
途中までほぼ平らな部分が続き、スノーボードにはちょっと大変なコースでした。

2008122012.jpg同じく第2リフト林間コースの中間です。
すみかわ第2リフトの下を通り、すみかわ第2リフト乗り場へ辿り着きます。
もう少し雪が積もればグラトリ系には地形的に面白そうでした。

2008122013.jpg同じく第2リフト林間コースの終点です。
ここを左に行けばすみかわ第2リフト乗り場、真っ直ぐ行けばすみかわゲレンデBコース、右に行けばすみかわゲレンデCコースに辿り着きます。

2008122014.jpgすみかわゲレンデCコースの入口です。
見た目通りコース幅が狭いので、あまり人が通っている感じではなかったです。

2008122015.jpg同じくすみかわゲレンデCコースの途中です。
ディガーがテレインパーク(ここはドロップダウンボックス)の整備中でした。
スキースクールのイントラ曰く、あまり人目につくところではないので、じっくり練習できる道場みたいなところということでした。

2008122016.jpg同じくすみかわゲレンデCコースの後半です。
この先コース幅が広くなっているのですが、この小屋はそこにかかっていたロープトゥの係員室と思われます。
この時はテレインパーク(ここはキッカー)が整備中でした。

2008122017.jpg同じくすみかわゲレンデCコースの終点です。
ここを抜けるとすぐにすみかわ第1リフトの乗り場です。

2008122018.jpgすみかわ第3リフト降り場にある案内表示です。
左へ行けば初級向け観光ツアーコースで、右へ行けば中上級向けあとみゲレンデAコースです。
コース図にある、あとみシャドーコースはわかりませんでした。

2008122019.jpgあとみゲレンデAコースのでだしです。
この部分は緩いので、この先の急斜面はほとんど感じられません。

2008122020.jpg同じくあとみゲレンデAコースの急斜面部分です。
上段・中段・下段という感じになっていて、その間がかなりの急斜面になっていました。
横幅は広いので大回りすれば危険なことはないのですが、それでも行った時でさえ怪我人が出ていたところを見ると、制御できない人が迷い込むことが多いのでしょう。

2008122021.jpg同じくあとみゲレンデAコースの急斜面部分をすみかわ第3リフト乗り場から見たところです。
中段から下段は一気に落ちるので、直滑降すると相当スピードが出そうです。
実際のところ、すみかわ第3リフト乗り場はコースから少し登ったところにあるので、ここを勢い良く滑る人が多いと思われます。

2008122022.jpgすみかわ第3リフト降り場から左に行った観光ツアーコースのでだしです。
やや登りになっているので、スノーボーダーはしばらくスケーティングの必要がありました。
右側にCATツアー用の雪上車が停まっていますが、その左側にあとみゲレンデBコースの入口と、廃止されたリフトの降り場があります。
この日は積雪不足で閉鎖されていました。

2008122023.jpg同じく観光ツアーコースの途中です。
冬期閉鎖されている道路を利用した林間コースで、積雪不足のためか、ところどころにスケーティングが必要な部分がありました。
スノーボードよりスキーの方が楽なコースです。

2008122024.jpg同じく観光ツアーコースの途中です。
この先の人がいるあたりが、すみかわ第2リフト降り場です。

2008122025.jpg同じく観光ツアーコースの途中で、すみかわ第3リフト乗り場を過ぎたところです。
コースはこの後ほぼ真っ直ぐに麓へ下っていきます。

2008122026.jpg同じく観光ツアーコースの終点付近です。
真っ直ぐ行けば、閉鎖されている蔵王エコーラインを経由して宮城蔵王高原ホテルまで行けますが、雪不足で閉鎖されていたので、その直前で右に曲がりました。

2008122027.jpgすみかわゲレンデAコースから見た観光ツアーコースの出口です。
右奥に盛り上がっている部分が閉鎖されているコースです。

2008122041.jpgゲレンデ内のトラックデータをカシミール3Dでプロットした図です。
沢に挟まれた尾根の上の、横幅より縦方向に長いスキー場の特徴が出ています。

2008122028.jpgここからバックカントリーツアーです。
これが雪上車の乗車券で、レストハウスのそばのゲレンデハウスで購入します。
午後発のガイド付きの場合は、購入した後にスキースクールの受付で手続きをすませます。
2009年シーズンのガイドツアーの初日でした。

2008122029.jpg雪上車の中です。
横向きに座るシートが4列あり、天井からは吊り革が下がっていました。

2008122030.jpg雪上車の中からの景色です。
スキー場を出た後、閉鎖されている蔵王エコーラインを登っていきます。
正直、騒音もすごくて乗り心地はイマイチですが、贅沢は言えません。

2008122031.jpg同じく雪上車から見た景色です。
蔵王ハイラインの料金所と思いますが、雪上車はここを通って山頂への道を行きます。

2008122032.jpg雪上車の降車場所です。
地図で言うと、蔵王ハイラインの山頂への最後のヘアピンカーブのところです。
正面左の山が後烏帽子岳、右の山が屏風岳とその稜線です。
強風が吹き付けるためか、道路の境界に立っている棒にエビの尻尾が成長し始めています。

2008122033.jpg降車場所から刈田嶺神社のある刈田岳山頂方向を見たところです。
足元に凍りついた不思議なオブジェがあるのがわかるでしょうか。
この画像で、中ほどの人が立っているところより右側の先の平らな部分は、実は雪庇で危険地帯です。
下から見ると雪庇であることがはっきりわかるのですが、現場からはその実態がわかりませんでした。

2008122034.jpg参加者の意向により、山頂からのアドベンチャーコースを選択し、降車場所から刈田岳山頂までハイクアップとなりました。
社の前の柱には氷雪が凍り付いて不思議なオブジェができつつありました。
結構な急斜面でツボ足だと潜ってしまって苦労しました。
若い人たちはどんどん登って行くのが凄い…。
今考えれば、ストック持っていっていたので使えば良かったです。

2008122035.jpg山頂でガイドのスキースクール校長から、コースの説明を受けます。
一応左に見える尾根が限界線ですが、まだ積雪が多くないので自由に滑れるという感じではなく、コースを考える必要がありました。

2008122036.jpgいよいよフリーランです。
下に見える蔵王エコーラインの道路まで、山頂直下の沢を一気に滑り降ります。
安全の為に1人ずつの滑走で、スキー場公式のガイドツアーの場合は必ずここを滑るそうです。
興味があるならば、スキースクールに相談すると、校長がいろんなオプショナルコースを案内してくれるそうです。

2008122037.jpg滑り終えたコースを蔵王エコーラインから見ています。
滑り出しは風でちょっと凍った感じで、向かって左の尾根に沿って滑るとフカフカの吹き溜まりを滑る感じで気持ち良かったです。
見てのとおり、まだ樹木が結構見えてますが、トップシーズンではここが全部雪で埋まってしまうそうです。

2008122038.jpg楽しいフリーランは一瞬で、後は蔵王エコーラインを利用してスキー場へ帰ります。
それでもコースは天然のウェーブがあちこちにあり、ちょっとしたクロスコースの感じが味わえました。

2008122039.jpg最後の難関、蔵王エコーラインからスキー場への分岐部分です。
何が難関かというと、だらだらとした登りと少しの下りが混在して、スノーボーダー泣かせの嘆きの坂です。
ちなみに、別のツアーで山頂へ行ったテレマークのコンビが右の尾根から降りてきました。
雪があるなら、蔵王エコーラインのコースをショートカットする手もあるようです。

2008122040.jpgバックカントリーツアーの終点、観光ツアーコースの入口です。
ここからは観光ツアーコースを真っ直ぐ降りれば麓まで到着します。
左のコースを登っていけば、すみかわ第3リフトの降り場です。

2008122042.jpgバックカントリーツアーのトラックログをカシミール3Dにプロットした図です。
滑走距離はスキー場の最長滑走距離を余裕で凌駕します。
今回はあまり雪がありませんでしたが、すみかわスノーパークに行ったら、ぜひ経験して欲しいツアーです。

|

« 奥只見丸山スキー場 | トップページ | みやぎ蔵王えぼしスキー場 »

コメント

08/12/20時点でゲレンデにこれだけの雪があったんですね。

カシミールで見れば標高1200±ですよね?緯度補正して長野県で1800~1900程度と考えれば良いのかな?翌日に竜王へ行っていますが、TOPの1930mでもこんなに雪はありませんでした。

BCはCATツアーという感じでしょうか?
画像ではボードの方が多いようですね。
ハイシーズンだとチケットの画像のようなモンスター群が見れるんでしょうね。長野県ではなかなか出会えない風景です。

投稿: 信州有賀峠 | 2009/01/15 20:02

> 信州有賀峠さん
いつもコメントありがとうございます(*^-^)

澄川を挟んで反対側のみやぎ蔵王えぼしスキー場では、標高1000mが限界ラインでしたから、ベースの標高1100m、トップ1382mのすみかわスノーパークは雪が十分ありましたね。
でも見た感じよりも雪が少ないなぁ、という感じは滑ってて思いました。
とはいえ、他のスキー場が積雪0でオープン延期の状況でしたから、全コース滑走可能なだけ贅沢な話です(*^-^)

バックカントリーツアーは、まさにCATツアーです。
初めての人のためにガイドツアーが勧められていますが、朝から全部で5本の山頂へ行く便があり、自己責任で滑走することができます。

さすがに12月ではモンスターは見れませんでした。
今年は無理でも、また刈田岳に行ってみたいです。

アクセス路が結構大変なスキー場ですが、将来ブレイクする可能性が高いと思います。

投稿: まてぃ | 2009/01/15 20:26

おはようございます。

いや!はっきり言ってもったいない!
折角ならトップシーズンに行きたいゲレンデでは?
雪上車も風情のある乗り物ですね!?
乗り心地は仕方ありませんね。

あっと言う間の滑走・・・BCってそんなものなんですね。

私としては、貴重な情報有難いと思います。
機会があれば行ってみたくなりました。

投稿: 辰兄 | 2009/01/17 08:47

> 辰兄さん
いつもコメントありがとうございます(*^-^)
トップシーズンももちろん行ってみたいです(*゚ー゚*)
でも、シーズン初めてのBCツアーとして、そして初めて刈田岳の山頂に行けたので大満足でした( ̄▽ ̄)
天気が良かったのも◎♪

雪上車は、揺れはそうでもないんですが、ともかくうるさくて、車内で話ができないくらいです(lll゚Д゚)
でも、山頂まで楽に連れてってくれるので贅沢は言えません。

BCって、そんなものです(^-^;
5時間かけて登って、気持ちいい滑走は30分とか…。

蔵王と言うと山形蔵王ばかり話に出ますが、マイナーな宮城蔵王も捨てたものではないと、今回の旅で再認識できました(*^-^)
参考になれば幸いです。

投稿: まてぃ | 2009/01/18 01:28

関西攻略 お疲れ様です。
私はもう少し先の中国方面に行ってきます。

天気予報とにらめっこなんでいつどこにいるのかはその日の気分次第ですがもし再びお会い出来たらその時はよろしくお願いしますね。(^-^)v

投稿: docat@携帯 | 2009/01/23 20:57

> docat@携帯さん
コメントありがとうございます(*^-^)
中国地方は状況いいようですね。
今年は積雪良かったようですが、ここのところ小雪が続いて危機的ですから、早めに行きたいところです。

今年行こうと思っていたんですが、いろいろスケジュールを見ると難しく、今年は断念するしかありませんでした。
代わりにたくさん見てきてください。

こちらこそ、スケジュールが合いそうでしたら、また一緒にスキー場を回りたいです。
そのときはよろしくお願いします。
関西編のまとめはなるべく急いでやりますんで、お待ちくださいね。

投稿: まてぃ | 2009/01/28 03:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42425/43529529

この記事へのトラックバック一覧です: みやぎ蔵王すみかわスノーパーク:

« 奥只見丸山スキー場 | トップページ | みやぎ蔵王えぼしスキー場 »