« 信州松本野麦峠スキー場 | トップページ | 湯沢高原スキー場布場ゲレンデ »

2008/03/22

湯沢パークスキー場

20080322a.jpg
天候:快晴
越後湯沢の湯沢パークスキー場です。
パークのコソ練のために朝遅く行きました。
天気は終日雲ひとつ無い快晴で、雪質は水分の多い春雪でしたが終始引っかかるような感じは無く、快適な滑走が楽しめました。
もともと家族連れの多いスキー場ですが、ちょうどスキー子供の日で子供1日券\1,000だったのでいつにも増して子供連れが多かったです。
前回来た時の雪山は大きなかまくらに変身していました。

20080322a01.jpg銀河コースです。
初心者天国な感じで、狭いコースを苦労しながら滑っていました。

20080322a02.jpg銀河コースの終点近くです。
林の間なので少し雪質が良かったのですが、高温のため雪が融けて、斜度が緩いので止まってしまいました。

20080322a03.jpgホテル正面のダイナミックコースです。
ちょっと荒れ気味でしたが、雪がクリームみたいにやわらかなので板を振るのに邪魔にはなりませんでした。

20080322a04.jpg初級コースのファミリーコースですが、この時は既に第6シングルリフトが撤収されていました。
やけに早く撤収した感じですが、来年は架け替えでもするのでしょうか。

20080322a05.jpgお馴染みのポール専用コースです。
この日は開放されていました。
真っ直ぐ滑り降りるのが気持ちいいので、何回もアホみたいに繰り返し滑っていました。

20080322a06.jpgスカイラインコース上部とスノーパークです。
前回来た時より2段目のキッカーが大きくなっていました。
ディガーがちょくちょく飛んでは形状を修正するので、メンテナンスが行き届いて飛びやすかったようです。

20080322a07.jpgスカイラインコース下部と出口にあるキッカーです。
比較的小さなキッカーで、雪がやわらかいのでスタート位置からではスピードに乗れず、オーリーができないと飛び越えることができませんでした。

20080322a08.jpgチャンピオンコースのキッカーです。
第6リフトが運行していなかったので、ムーンライトコースからリフト降り場のところをトラバースしないと辿り着けませんでした。
そのため、飛ぶ人も少なくていい感じで残っていました。

20080322a09.jpgスカイラインコースからパノラマコースへの連絡路の合流点です。
パークへ行かない人はここを通って第8、第9ペアリフトに乗ります。

20080322a10.jpgパノラマコースの上部です。
見て分かるとおり、大荒れになっていてしっかり板に乗れる人じゃないと苦労しました。

20080322a11.jpg上級コースのチャレンジコースの上部です。
きれいにこぶが並んでいました。

20080322a12.jpgチャレンジコースの後半です。
荒れた状態になっていました。

20080322a13.jpgチャレンジコースの迂回路です。
コースの壁はだいぶ雪が融けてきました。

20080322a14.jpg迂回路の折り返し地点です。
ハーフパイプのようにコースの中央がえぐれてちょっと滑りづらかったです。

20080322a15.jpg迂回路の出口です。
日が当たらないところはちょっと固い感じでした。

20080322a16.jpgチャレンジコースから第1&第2ペアリフト降り場へ降りるコースです。
ややコブが育っていました。

20080322a17.jpgヨーデルコースです。
前に来たときは非圧雪でしたが、圧雪されていました。

20080322a18.jpg午後になって銀河コースでチュービングが始まり、第1ペアリフトはチュービングの運搬に使われていました。

20080322a19.jpg第7初心者コースです。
土曜日でしたが空いていました。

|

« 信州松本野麦峠スキー場 | トップページ | 湯沢高原スキー場布場ゲレンデ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42425/40641471

この記事へのトラックバック一覧です: 湯沢パークスキー場:

« 信州松本野麦峠スキー場 | トップページ | 湯沢高原スキー場布場ゲレンデ »