« 中峯スキー場(廃) | トップページ | 越後アクシオムスキー場(廃) »

2008/01/13

須原スキー場

20080113.jpg
天候:雪時々晴
新潟県の須原スキー場です。
只見線沿いの電車では不便なところではありますが、長岡に近くて中越の北部として中心的なスキー場という感じでした。
中越地震で山頂のリフトの支柱にダメージを受けて苦労したようでしたが、現在は全リフトが運行されています。

レイアウトの特徴は、山頂ゲレンデと麓のゲレンデ、2つの初中級ゲレンデをフード付き高速4人乗りクワッドと尾根の中上級コースで結んで、さらに尾根からポール練習で利用される中上級斜面とリフト1本がかかっているという、全体で4つのエリアに分かれています。

2008011301.jpg第3駐車場からゲレンデへのアドベンチャー連絡コースです。
沢を渡る橋がかかっていて、駐車場から一気に滑り降りてメインゲレンデへは少し登ります。

2008011302.jpgロマンスゲレンデ麓の須原のセンターハウスと第1駐車場です。
ロッカーや更衣室はこちら側にあるので第1駐車場を利用することになります。

2008011303.jpgセンターハウスの脇にレクリエーションゲレンデがあり、子供がソリ遊びをしたり、スキー・スノーボード初心者が練習をしていました。

2008011304.jpgコースレイアウト図です。
縦に長い感じですが、縦方向に強調されているためでそれほど長くはありません。

2008011305.jpg高速フード付き4人乗りリフト、須原フーディクワッドリフトです。
リフトの搬器はかぐらスキー場の田代第2高速リフトと同じで、座席の後ろに隙間がないタイプです。

2008011306.jpg山頂には天文台を持つ「星の家」があり、レストラン営業しています。
2階にあるので眺めが良いのですが、席数が少ない(60席)ので休日は混雑確実です。

2008011307.jpg山頂エリアにある中級コースのアルパインコースです。
ほぼフラットな斜面で、滑り出しから須原高原ロマンスリフト乗り場まで見えるので初級者でも大丈夫だと思います。
雪質は新潟らしくない軽い雪で、コース脇の圧雪していない部分は粉雪パラダイスでした。

2008011308.jpgリフト乗り場から見たアルパインコースです。
山側にバンクやキッカー、レールなどのパークアイテムが揃っています。

2008011309.jpg山頂の須原高原ロマンスリフトです。
雪質がいいせいか、コース外滑走を禁じていますがリフトの下を滑走するお客さんが後をたちません。
見たとおり片側は急な崖でかつ雪崩地形で本当に危ないのでやめましょう。

2008011310.jpgアルパイン迂回コースは「星の家」前からスタートします。

2008011311.jpg案内板まで緩やかな斜面です。
右へ行くとアルパイン迂回コース、そのまま直進するとスーパー迂回コースに行きます。
どちらも初級コースになっています。

2008011312.jpgアルパイン迂回コースは分かれた後、折り返してアルパインコースに並走します。

2008011313.jpgアルパイン迂回コースはパークの上部でアルパインコースとすぐに合流します。

2008011314.jpgスーパー迂回コースに分岐してすぐ、須原高原ロマンスリフト乗り場まで1.4kmという立て札があります。

2008011315.jpgスーパー迂回コース入口からみた山頂です。

2008011316.jpgスーパー迂回コースの1番の立て札です。
プリンス系のスキー場のようにコース途中に番号の立て札があり、リフトまでの距離を教えてくれます。

2008011317.jpgスーパー迂回コースは緩い斜度で何度も折り返して下りていきます。
上部にアルパイン迂回コースとアルパインコースの合流点が見えます。

2008011318.jpgスーパー迂回コースの開けたところに2番の立て札がありました。

2008011319.jpgスーパー迂回コースの3番の立て札は切り通しのようなところに立っています。
もうすぐゴールです。

2008011320.jpgスーパー迂回コースを振り返ってみました。
夏の車道そのままなのがわかります。

2008011321.jpgスーパー迂回コースの出口で、右端から須原高原ロマンスリフト乗り場に出ます。
真ん中にカーブミラーと道路案内が立っています。

2008011322.jpg上の画像にある道路案内の表側です。
このスーパー迂回コースは夏はこのまま麓まで降りる林道となっていますが、須原高原ロマンスリフトの乗り場のところで立ち入り禁止になっています。

2008011323.jpgジャイアントコースのスタート地点です。
須原フーディクワッドを降りて右に行きます。
出だしから両側が崖の狭い尾根コースを予感させます。

2008011324.jpg須原フーディクワッド降り場から緩やかに下ってきたジャイアントコースは、小さな小屋のところから一気に坂を下ります。
標高差を感じさせるダウンヒルです。

2008011325.jpg急坂を下ってきたジャイアントコースは、迂回コースとの合流点を通り過ぎて須原フーディクワッドをくぐり、古いリフトの支柱の案内板のところで左に曲がります。
ここを真っ直ぐ降りるとエキスパートコースです。

2008011326.jpg再度須原フーディクワッドリフトをくぐって右に曲がりながら急坂を下る、ジャイアントコースの難所です。

2008011327.jpg右に曲がったジャイアントコースは短い間須原フーディクワッドリフトと並走した緩い斜面になります。
ここまで来ればあと少しです。

2008011328.jpgジャイアントコース最後の急坂です。
ジャイアントコース全体を通してみれば、斜度的にはコースガイド通り中級コースだと思いますが、ちょっと狭いコースで両脇が崖なので、滑りなれてないと楽しめないのではないでしょうか。

2008011329.jpgロマンスゲレンデです。
通常のスキー場ではセンターハウス前の開けたゲレンデは初級コースですが、ここ須原では中級コースになっています。
初級者は山頂のアルパイン迂回コースかスーパー迂回コースで練習するしかないようです。

2008011330.jpg山頂の迂回コースです。
離れたところに東屋があり、誰も滑ってなさそうだったので行ってみたかったのですが、良く見ると風で雪が飛ばされて氷の斜面が露出しているようなのでやめました。

2008011331.jpg山頂の迂回コースの中間です。
初級コースになっていますが、出だしはともかくジャイアントコースとの合流点まではコース幅が狭くて難易度が高いです。

2008011332.jpgアドベンチャーコースの一番上です。
人の流れから外れていて適度に急な斜度なので、ポール練習にはもってこいです。

2008011333.jpgアドベンチャーコースの下部です。
一番下は平らになっていますが、コース全体で75%は中斜面になっていて傾いているので難しいコースです。

2008011334.jpg須原第2ロマンスリフト乗り場からアドベンチャーコース下部です。
真ん中あたりにエキスパートコースの出口があります。

2008011335.jpgアドベンチャーコースからロマンスゲレンデへ戻るアドベンチャーサンラインの入口です。
初級コースで斜度は緩いのですが、コースが狭いので一気に通り抜けましょう。

2008011336.jpgアドベンチャーサンラインとエキスパートコースの交差点です。
左上からエキスパートコースを駆け下りてくる上級者に注意が必要です。
正面に須原フーディクワッドリフトが見えます。

2008011337.jpgこの先がアドベンチャーサンラインとジャイアントコースの合流点です。
須原第1ロマンスリフトの降り場のちょっと上に出てきます。

2008011338.jpg須原第1ロマンスリフトです。
搬器がちょっと変わっていて、シングルリフトの椅子をペアリフト用に付け替えたような形状です。
志賀高原のジャイアントスキー場で見たのと同じかもしれません。
下は第3駐車場からのアドベンチャー連絡コースの出口です。

2008011339.jpgエキスパートコースの入口です。
左端に昔のリフト支柱を利用したような案内板があります。

2008011340.jpg上級コースのエキスパートコースです。
はるか下のほうにアドベンチャーサンラインとの交差点を通過するスキーヤー・スノーボーダーが見えます。

2008011341.jpgアドベンチャーサンラインとの交差点です。
ここからアドベンチャーコースへ戻るにはオフピステっぽいところを降りていきます。
正直ちゃんとコースに戻れるか不安なところです。

2008011342.jpgエキスパートコースからアドベンチャーコースへの出口です。
須原第2ロマンスリフトをくぐって斜度が緩くなったところに出てきます。

2008011343.jpg須原第2ロマンスリフトの乗り場に「3P→」という謎の立て札が立っています。
画像の真ん中の小さな立て札ですが、これが第3駐車場へのアドベンチャー連絡コースの案内らしいです。
画像の右端がコースの入口になっています。
初めての人にはわかりずらいですね。

2008011344.jpgアドベンチャー連絡コースは林の境を通って行きます。
普段は田んぼへの農道のような気がします。

2008011345.jpgアドベンチャー連絡コースは林の中を通ってさらに開けた方へ続きます。

2008011346.jpgアドベンチャー連絡コース下部で、民家が見えるところまで来ました。

2008011347.jpgアドベンチャー連絡コースは一旦第3駐車場で終了します。
ここで板を外して1番最初の画像の場所まで歩き、板を装着してゲレンデへ戻ります。

|

« 中峯スキー場(廃) | トップページ | 越後アクシオムスキー場(廃) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42425/17710167

この記事へのトラックバック一覧です: 須原スキー場:

« 中峯スキー場(廃) | トップページ | 越後アクシオムスキー場(廃) »