« 須原スキー場 | トップページ | なかさと清津スキー場 »

2008/01/13

越後アクシオムスキー場(廃)

20080113a.jpg
天候:雪
新潟県の越後アクシオムスキー場跡です。
画像は只見線の魚沼田中駅前からのスキー場全景です。

権現堂スキー場として古くから営業されていました。
東京商工リサーチの大型倒産情報による情報は以下の通り。

1972年7月、日本都市デベロップ(埼玉)が中心になり、広神村、守門村がそれぞれ12%ずつ出資して第三セクター方式の権現堂観光開発(株)が設立され、5コースのアクシオムスキー場をオープン。
ピーク時の1996年には4万4000人、売上1億5500万円を計上したが、暖冬小雪による営業期間短縮、スキーヤー・ボーダーの拡散化、消費の冷え込みなどで2001年には2万1000人と半減。
そのため、 そのため多額の累積欠損を抱え、スキー場建設時のゼネコン数社への多額な未払金、リース支払いから資金繰りが悪化。この間、親会社の日本都市デベロップからの借入金でまかなってきたが、その借入金が大きく膨れ、親会社の経営不振もあり支援が限界になった。
2001年6月5月1日、民事再生手続開始。負債は約45億円。

20080113a1.jpgモアレが出て見づらいですが、カーナビにアクシオムスキー場の表示があります。

20080113a2.jpg国道252号から魚沼田中駅への曲がり角に案内看板が立っています。

20080113a3.jpg道路に一番近い部分です。
手前のリフトが第2ペアリフト(450m)で、右が中初級コースのアクシオムファンタジックコース(450m)、左側にスノーボードパークとハーフパイプがあったそうです。
左奥のリフトが第3ペアリフト(700m)で、急なコースが中上級コースのアクシオムエキサイティングコース(750m)、モーグルコースが常設されていたそうです。
その脇のくねくねした迂回コースが中級コースのアクシオム林間コース(1500m)。
右の斜面が中級コースのアクシオムスイングコース(700m)。
レストランアクセス用とハーフパイプ用にロープリフトが2本あったそうです。
もう一本尾根にコースがあったようですが、未確認です。
案外小さいスキー場だったんですね。

20080113a4.jpg奥の方に第1ペアリフト(630m)があります。
この横にアクシオムヒルズというペンション村が作られたようですが、名前がとってもバブルです。

20080113a5.jpgカフェテリアアクシオムという名前だったレストランのようです。
センターハウスなどの建物は取り壊されていますが、この建物は残ったままでした。

20080113a6.jpgカフェテリアアクシオムの前にコース案内板が残っていました。

20080113a7.jpg近くにある温泉施設、「神湯とふれあいの里」神湯温泉倶楽部です。
温泉・休憩・食事施設で、地元の人で賑わっていました。
今年で10周年だそうです。

20080113a8.jpg温泉の成分表示に、アクシオム温泉とありました。
スキー場と同時期に作られた施設なのでしょう。
正直な所、お湯は殺菌消毒され、源泉27度なので加熱、それで単純泉なので温泉に入った気がしません。
施設は泡風呂や露天風呂、シャンプーやボディーソープ完備だし悪くないんですが、循環しているはずの内湯のお湯が汚れていたのが幻滅です。

|

« 須原スキー場 | トップページ | なかさと清津スキー場 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42425/17733547

この記事へのトラックバック一覧です: 越後アクシオムスキー場(廃):

« 須原スキー場 | トップページ | なかさと清津スキー場 »