« 六日町八海山スキー場 | トップページ | 上海銀七星室内滑雪場 »

2008/01/21

パインリッジリゾート神立

20080121.jpg
天候:雪後晴
越後湯沢のパインリッジリゾート神立です。
2008シーズン初の神立でしたが、平日でもそこそこお客さんが来ていました。
全面滑走可能ということでしたが、ヘラクレスコースの半分や、閉鎖されていた通称スーパーオリオンコースなどはブッシュが出ていて、例年に比べて雪が少ない印象でした。

朝は雪が降っていましたが、午後から徐々に日が差して青空が覗くようになりました。
それに呼応するかのように気温がどんどん下がっていってリフト上では風が弱いのにかなり寒い思いをしました。
でもその気温が低いおかげで、晴れていても雪がキュッキュッと鳴る上越離れした北海道みたいな軽い雪でした。
ボードパークのアイテムも、2連大キッカーや小キッカー、ボックス、レール、ワイドレール付きヒップやドラム缶付きクォーターパイプなど揃っていました。
モーグルコースもいい感じだったようです。

2008012101.jpg駐車場ですが、平日なのでお客さんは少なめでした。
この時点ではちょっと雪が降っていました。

2008012102.jpg戸沢ペアから見たベースキャンプです。
この年の夏に右半分の建物を取り壊してしまったので、なんとなくバランス悪い感じになってしまいました。

2008012103.jpg戸沢ペアリフト降り場から見たポルックスコースです。
広い斜面に新雪が積もって気持ち良さそうです。

2008012104.jpgパウダーエリアの上級コース、ヘラクレスコースです。
積雪が少なくてコース半分はブッシュが出たままになっていました。

2008012105.jpgポルックスコースを上からみたところです。
普段と同じように綺麗に圧雪されたところに新雪が積もっていて、少雪という感じはなかったです。

2008012106.jpgレグルスコースです。
コース半分にしてモーグルコースを設置しているのもいつも通りでした。

2008012107.jpg白板山ペアリフトとペルセウスコースです。
以前は中級コースだったペルセウスコースが、いつのまにか上級コースになっていました。

2008012108.jpgミルキーウェイコースの出だしです。
夢沢高速クアッドリフトが動いていて、コースもオープンになっていました。

2008012109.jpgミルキーウェイコースの途中です。
狭い尾根の上に中斜面が続くので、結構怖いコースです。

2008012110.jpgミルキーウェイコースの下部です。
以前はアンタレスコースと名前が付いていました。
本来のミルキーウェイコース下部はずいぶんと前から閉鎖されていて、とうとう廃止になったのでしょう。

2008012111.jpgアンドロメダコースです。
夢沢高速クアッドリフトが動いていないと滑れない山頂部のコースです。
膝下まで新雪が積もっていて、パウダー天国でした。

2008012112.jpgペガサスコースの入口です。
この日は平日で池の平高速クアッドリフトが動いていないせいか、あまり人がいませんでした。

2008012113.jpgスバルコースです。
白板山ペアリフトから下りるコースですが、尾根コースでコース幅が狭いので初級者には向いていません。

2008012114.jpg非圧雪のオリオンコースですが、ちょっとブッシュが出ていました。
白板山ペアリフトを挟んで反対側にも通称スーパーオリオンコースがあるのですが、この日はコンディション不良のため閉鎖されていました。
スーパーオリオンコースは新潟屈指の急斜面で、降雪後は最高のパウダーランができるのですが、残念でした。

2008012115.jpg試しにインナーグローブに降る雪をつけてみました。
綺麗な雪の結晶が見て取れました。

2008012116.jpgシリウスコースです。
ようやく日が差してきて視界良好になりました。

2008012117.jpgペルセウスコースを上からみたところです。
普段は荒れ気味な斜面が綺麗に圧雪されていて新雪が薄く積もっていました。

2008012118.jpgベガコースの入口です。
林間を抜ける初級コースで、下山用のコースです。

2008012119.jpgベガコースの合流点です。
左から来る下山コースの人とぶつからないように注意が必要です。

2008012120.jpgベガコースの後半で、戸沢ペアリフト乗り場へのコースです。
沢沿いに緩く続いています。

2008012121.jpgカストルコースの上部、大キッカーです。
平日でもたくさんのボーダーが順番待ちしていました。

2008012122.jpg中腹にあるGALLERIA内、「薪と石」でピザを食べました。
入口まで漂うガーリックバターの匂いには勝てませんでした。

2008012123.jpg池の平高速クアッドリフト降り場付近にある山頂レストランです。
昨年は休業して廃墟化するのかと思いましたが、この年は沖縄そばやタコライスといった沖縄料理を扱うレストランになっていました。
目の付け所はおもしろいと思いますが、定着するかは、まだわかりません。

2008012124.jpgカストルコースの途中から下を見ました。
左端の連続ウェーブは間隔が広く、スピードが出るので要注意でした。
目の前で飛ばされて頭を打っていたボーダーがいました。

2008012125.jpgもうひとつの下山コースです。
以前はスワンコースと名付けられていた覚えがありますが、ベガコースに統一されたのでしょうか。

2008012126.jpgその下山コースの林間部分で、左右に木が迫って狭く感じます。
意外にスピードが出るので、初級者はスピードを落とす必要があります。

2008012127.jpgベガコースの分岐です。
真っ直ぐ行くと駐車場近くに出て、左に行けば戸沢ペアリフト乗り場に行けます。

2008012128.jpg駐車場へのコースです。
以前、スノーボーダーが無謀に木々の中へ突っ込んで死傷事故が起きました。
木々の間はコース外ですから、滑らないようにしてください。

2008012129.jpg下山コースの出口です。
以前はベースキャンプの建物があったので見えなかったのですが、今は戸沢ペアリフト乗り場から見えるようになりました。

2008012130.jpgベースキャンプの跡地は初心者練習場とちびっこ広場になっていました。
右端に建物の切断面がありますが、取ってつけたような土台が涙をそそります。

|

« 六日町八海山スキー場 | トップページ | 上海銀七星室内滑雪場 »

コメント

面白そうなゲレンデですね。公式HPのゲレンデマップと対比させながら見させていただきました。クワッドが3本とか、ペアのトリプルラインとか、凄すぎです(笑)林間コースは長野県には無い雰囲気のコースですね。下から5番目の画像を見ると、地形遊びが楽しそうな、というか天然クロスコースのようにも見え、良くありがちなタラタラ下山コースとは違った印象を持ちました。
平日は確かに空いていて滑るのにはストレスが無いのですが、リフトの間引きも多いですよね。時間帯によっては通勤ラッシュと重なったり(汗)地元は特にその傾向があって土日より遥かに時間がかかります。と言っても+15分ですが(照笑)
県外計画はまずは群馬県と岐阜県の高山エリアを優先で考えていますので、新潟県はまだまだ先になりそうですが、某掲示板で「シャルマンがやばい」とのカキコミがありましたので、来季営業しているようであればここは最優先で巡らなくては、と思っています。

投稿: 信州有賀峠 | 2008/09/23 17:36

コメントありがとうございます(o・ω・)ノ

下山コースはあまり長くないのが残念なんです。
おまけに、木の中突っ込んでケガする人もいるし┐(´-`)┌
戸沢ペアABCはやりすぎだと思いますね(^-^;

クアッド3本、このスキー場の広さで凄いと思いますか( ̄▽ ̄)
実はもう1つ廃止になっているクアッドリフトがあったと言ったら、
もっと驚きます?( ̄ー ̄)ニヤリ
コース図を見ればミルキーウェイコースの尾根部分に直線的な
空間が見れると思いますが、そこに建造物が残っています。
開設当初はミルキーウェイコースからの分岐もありましたし、
カストルコース下部にも分岐がありました。
バブル時代の名残ですね。

投稿: まてぃ | 2008/09/24 02:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42425/17780664

この記事へのトラックバック一覧です: パインリッジリゾート神立:

« 六日町八海山スキー場 | トップページ | 上海銀七星室内滑雪場 »