« かぐらスキー場 | トップページ | 岩原スキー場 »

2007/12/17

かぐらスキー場

20071217.jpg
天候:晴
越後湯沢のかぐらスキー場です。
土曜日の代休を取れたので、月曜日に田代ロープウェイへ向かいました。
田代ロープウェイ山頂駅から見た田代ゲレンデは、前日までの降雪でまばゆく白く輝いていました。

2007121701.jpg朝の越後湯沢の街中の様子です。
前日まで雪が降り続き、この旧三国街道の歩道は初級ゲレンデになってしまいました。

2007121702.jpg田代ロープウェイの駐車場です。
この年、みつまたロープウェイの駐車場が有料でしたが、田代ロープウェイは無料になったので、たくさんの車が駐車されています。

2007121703.jpg田代ロープウェイ降り場から見たかぐらスキー場田代ゲレンデです。
正面に真っ白な苗場山と神楽峰が見えます。
ゲレンデ全体が真っ白で冬本番という感じです。

2007121704.jpg田代第1ゲレンデと田代ロープウェイ山頂駅です。
コース左半分がモーグル用のコブコース、右半分は綺麗に圧雪されてカービングターンを楽しめました。

2007121705.jpgらくらくコースの途中です。
積雪が不十分なため、ゴンドライースト方面へ行くコースはクローズでした。
ゴンドライーストコース自体はオープンしていました。

2007121706.jpgらくらくコースの終点です。
正面に幻といわれる田代湖を望みます。
遠くにかぐら第4ロマンスリフトとパノラマコースが見えました。

2007121707.jpg田代第2ロマンスリフト降り場です。
しらかばコースは閉鎖されていました。

2007121708.jpg田代第3ロマンスリフト沿いのコースです。
雪が積もるとビギナーズパークが設置されますが、まだ雪不足でした。

2007121709.jpg田代第2ロマンスリフト降り場から見た第1高速連絡コースのスタート地点です。
正面の苗場山(左)と神楽峰(右)がちょうど正面に見えて素晴らしい景色です。

2007121710.jpg第1高速連絡コースの途中です。
自然降雪でこれだけの積雪量は恵まれています。

2007121711.jpg田代アリエスカコースの終点で、第1高速連絡コースの終点です。
春先は賑わう田代湖畔も、この時期は寒くて外でゆっくりできません。

2007121712.jpg田代第1高速リフト降り場です。
いつもの定点観測です。

2007121713.jpg田代湖コースの途中です。
この部分は真っ直ぐ突っ走ります。

2007121714.jpg田代第6ロマンスリフト乗り場です。
いつもはかなり込む場所ですが、平日はガラガラです。

2007121715.jpgチャレンジバーンです。
田代で一番強烈な斜度を持つ、上級者専用コースです。
何度来てもこの上に立つと震えますが、前日の降雪で膝下パウダーの素晴らしいコンディションでした。

2007121716.jpgかもしかコースの途中です。
向こうのコースの手前の沢が、神楽峰から滑ってくる時の出口の数エ門沢です。

2007121717.jpg田代第8ロマンスリフト降り場の分岐点です
かぐらゲレンデと田代ゲレンデの分岐点なので、必ずここを通過します。

2007121718.jpgかぐら連絡コースの途中です。
ただひたすら止まらないように滑りますが、この日は雪質が良くて止まらずに快適な滑走でした。

2007121719.jpgかぐら第4ロマンスリフトから見たパノラマコースです。
いつも10分以上待たされるこのリフトですが、平日は待ち0でした。

2007121720.jpgかぐらメインゲレンデです。
たくさんの人が滑るのでパウダーというわけにはいきませんが、それほどコブにならず雪質は良かったです。

2007121721.jpgテクニカルコースです。
パウダーたっぷりだったようですが、残念ながらほとんど食われてしまっていました。

2007121722.jpgかぐら第1高速の終点、田代連絡コースの入口です。
コース状況が良いので開いていました。

2007121723.jpg田代連絡コースの急斜面です。
足の下のほうにかぐら・田代分岐点とかぐら連絡コースが見えるくらいに斜度がありますが、降雪直後は手付かずのパウダーゾーンになっていることが多いです。

2007121724.jpgかぐらメインゲレンデを下から見たところです。
コース左側にモーグルのためのレーンが設置され、ロープで区切られていました。

2007121725.jpgゴンドラコースの出だしです。
雪質が良くてかなり飛ばせました。

2007121726.jpg同じくゴンドラコースの名物、祓川を渡る橋です。
向こう側はこの年のシーズンイン前に地形改良されて掘削されたので、だいぶ楽でした。

2007121727.jpg同じくゴンドラコースの終盤です。
コースの脇はまだパウダーが残っていて、ちょっと遊ぶことが出来ました。

2007121728.jpgかぐらゴンドラ乗り場です。
空いているので、お客さんはみんなまちまちに休んでいました。

2007121729.jpgみつまた第3ロマンスリフト降り場からサンシャインコースの上部です。
ゴンドララインとの交差部分にパウダーが残っていました。

2007121730.jpgみつまたゲレンデのファミリーコースの終点近くです。
平日でリフト待ちはありませんでしたが、途切れることなくスキー・スノーボーダーが滑っていました。
正面の閉鎖されているコースがとってもおいしそうです。

2007121731.jpgみつまたゲレンデの下山コース入口です。
平日なので閉鎖されていました。
正月と土日祝日のみオープンしていたそうです。

2007121732.jpgみつまたフォースパークの上部です。
横に広いエリアにいくつもの小・中キッカーが設置されていました。
平日は人数が少なくて練習するにはもってこいな感じです。

2007121733.jpgみつまたフォースパークの下部です。
大会バーンに並列に、クロスコースと連続キッカーが設置されてました。

2007121734.jpgみつまたフォースパークの最下部です。
ボックスやレールなどジブ系のアイテムが並んでいました。

2007121735.jpgみつまたゲレンデのレストランみつまたです。
特徴的な屋根で目につくのか、平日でもご覧の賑わいでした。

2007121736.jpgレストランみつまたの「がっつりセット」。
ハンバーグ、スパゲティミートソース、ハムカツ、フレンチポテトとサラダ、ライス、スープ付きで\1,500。
おなか一杯です。

2007121737.jpg再びかぐらゲレンデに戻って、ジャイアントコースの途中から下を見たところです。
非圧雪ゾーンですが、たっぷり降った雪を大勢が滑って圧雪状態になってしまったようです。

2007121738.jpgかぐらゲレンデと田代ゲレンデの分岐から田代側へ滑り出した途中の田代連絡コースです。
この先で田代第8ロマンスリフトと交差するところです。
正面の平標山の山頂も真っ白です。

2007121739.jpg田代ゲレンデの田代連絡コースとかもしかコースの交差点、数エ門沢の出口を振り返ったところです。
神楽峰はガスがかかって何も見えなくなりました。
r

2007121740.jpg田代ゲレンデの田代連絡コースと田代第6ロマンスリフトの交差する場所です。
この時点でまもなく連絡コース閉鎖の時間でした。
コース真ん中に見えるのは、コース閉鎖の看板を持ったパトロールの人です。

2007121741.jpg田代ゲレンデのスカイラインコースと第1高速連絡コースとの交差点付近です。
結構クローズ近い時間でしたが、スクールのレッスンが熱心に行なわれていました。
薄暗く写っていますが、実際はそれほど暗くはありませんでした。

2007121742.jpg田代ゲレンデのゴンドライーストコースです。
降雪した後の雪質と、人数が少ないので真っ直ぐなコースを気持ち良く滑れました。

2007121743.jpg田代ゲレンデの田代レディースコースです。
もうすぐリフト終了時刻なので、割とアセって滑ってしまいました。
せっかくの雪質なので、もう少し滑っていたかったです。

|

« かぐらスキー場 | トップページ | 岩原スキー場 »

コメント

改めて昨シーズンは初期から積雪量は豊富だったなぁと感じますね。この時期にキッカーやクロスコースが設置できるというのも驚きです。やはり豪雪地帯ということでしょうか。長野県内だと1月になってからかな?という感じなので。私はこの前日野沢温泉にファミリースキーに行っていましたが、終日降雪があったもののやまびこと上の平位しか滑れず、下山はゴンドラでした。

投稿: 信州有賀峠 | 2008/11/15 06:19

> 信州有賀峠さん
いつもコメントありがとうございます(*^-^)
湯沢町内はしっかり雪が降ります。
さすがは雪国です。

この田代ゲレンデは人工降雪機が一切無いのに、ほぼ毎年いいコンディションです(・∀・)
長野の本格的なシーズンは1月に入ってからですね(^_^)

投稿: まてぃ | 2008/11/17 23:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42425/17490379

この記事へのトラックバック一覧です: かぐらスキー場:

« かぐらスキー場 | トップページ | 岩原スキー場 »