« かぐらスキー場 | トップページ | かぐらスキー場 »

2007/11/24

かぐらスキー場

20071124.jpg
天候:快晴
越後湯沢のかぐらスキー場です。
昨日に続いて滑りに行きましたが、天気予報どおり快晴でした。
背中にスノーシューを背負ったバックカントリー目的の人も多く見かけました。
オープンコースは昨日とほとんど同じですが、かぐらゲレンデのジャイアントコースが追加オープンしていました。
昨日閉鎖されているにも関わらず滑っていた無法者のおかげでノートラックではありませんでしたが、圧雪されたメインゲレンデや踏み固められたテクニカルコースよりは新雪が楽しめました。
お昼から下り坂の天気予報でしたが、正午までは快晴が続いていました。

2007112401.jpg朝7時半に15分早めてリフト券の発売を開始しました。
昨日の教訓から7時から並んでいたおかげですぐに買えましたが、やっぱり結構行列が長くなっていました。
ロープウェイの山頂は快晴で期待が高まります。

2007112402.jpgみつまたゲレンデのファミリーコースです。
綺麗にパックされた斜面を見て、一本滑らずにはいられませんでした。
予想通りに気持ち良いバーンで、最後の急斜面では宙を飛んでいる気持ちでした。

2007112403.jpgみつまたゲレンデの第2クアッド沿いのコースです。
まだかぐらゴンドラの運転開始に間に合いそうなので、大会バーンのコースも滑ってみました。
誰も滑っていないと思ったのですが、既に先客がいたようです。

2007112404.jpgみつまたゲレンデからかぐらゴンドラへの連絡コースです。
第2クアッド沿いを滑るあたりでかぐらゴンドラの営業を開始したとの放送があったので、ちょうど混雑が収まったあたりでいいタイミングでした。

2007112405.jpgかぐらメインゲレンデです。
昨日と異なりきっちりハードパックされたバーンとなっていました。
ただ、コースが微妙にうねっているのでちょっと難しかったりします。

2007112406.jpgかぐら第1クアッド降り場から見た神楽峰です。
クリック先は大きい画像で、試しに600万画素画像を取る実験をしたのですが品質を変えるの忘れたので XGA サイズに縮小して壁紙にするのがせいぜいになってしまいました、残念。

2007112407.jpg同じくかぐら第1クアッド降り場から見た画像ですが、たまたま2枚繋がりそうなのでパノラマにしてみました。
壮大な景色を感じられれば幸いです。

2007112408.jpgかぐら第1クアッド降り場の滑り出し場所です。
左端に岩原スキー場が見えますが、向こうからもかぐらスキー場が見えるのでしょうね。

2007112409.jpgかぐらメインゲレンデの中腹です。
ガスに巻かれた昨日と違い、テクニカルコースの入り口、麓のゴンドラコースまで見渡せます。

2007112410.jpgかぐらメインゲレンデの迂回コース入り口です。
昨日地が出ていたので直したのでしょう、人工降雪由来のアイスブロックが被せてありました。
アイスブロックならば確かに風で飛ばないのでしょうが、この直し方はちょっと……。

2007112411.jpgかぐらゲレンデのテクニカルコース上部です。
昨日の新雪からちょっと踏み固められた非圧雪ゾーンに姿を変え、コースの真ん中にモーグラーが掘ったらしきコブが続いていました。
一応、画像のあたりはコブが少なくて滑れる状態でした。

2007112412.jpgかぐらゲレンデのテクニカルコース途中から上を写しました。
実はこの写真を撮る直前に何か気配を感じて振り向いたら、画像の右から左の林の中へ灰色の野うさぎが走っていきました。
あまりに急なことでシャッターが間に合わなかったのが残念です。
もっとも、野うさぎ的に日中こんな広いコース上を横切るのはアリなんでしょうか?

2007112413.jpgかぐらゲレンデのテクニカルコース下部です。
コブは平たい形に変わっていますし、コース端にジャンプ台がありました。
アプローチのシュプールから、モーグラーの仕業に違いありませんね。
よくこんな急斜面に作ったものです。

2007112414.jpgかぐらゲレンデのダイナミックコースです。
コース入り口からカッサダム(田代湖)と田代ゲレンデが見えました。
準備は順調みたいですね。

2007112415.jpgかぐらゲレンデのダイナミックコース上部です。
荒らされていますが、あまり踏み固められていないので新雪っぽい感じが残っていました。
普段より滑りやすかったです。

2007112416.jpgかぐらゲレンデのダイナミックコース中腹から上部を写しました。
急ですがコブが育っていないで滑りやすい感じがわかるかと思います。
空の青さと雪の白さの対照が綺麗です。

2007112417.jpgかぐらゲレンデのダイナミックコース下部から中腹を写しました。
途中まで急斜面の非圧雪で、最後は圧雪された真っ直ぐのコースでかぐら第1クアッドへ続いています。

2007112418.jpgかぐら第1高速クアッドの乗り場です。
昨日と異なり、高速運転しているのでリフト待ちはせいぜい5分程度でした。
手前のかぐら第3ロマンスリフトは運転開始のための準備に忙しそうです。

2007112419.jpgかぐらメインゲレンデ下部のパーク全景です。
上からミニキッカー、塩ビパイプ、ワイドレール、レールと並んでいます。
あまり混んでいないようですね。

2007112420.jpgゴンドラコースの始まりです。
昨日非圧雪になっていた部分は全面的に圧雪されてしまいました。

2007112421.jpgゴンドラコースの途中からかぐらゲレンデを写しました。
広々とした空が気持ちいいです。

2007112422.jpgゴンドラコースの途中、レストラン シュプールです。
コースはここでいったん大きく左に曲がって下ります。
初級者にとっては難関です。

2007112423.jpgゴンドラコースの途中の名所、祓(はらい)川を渡る橋です。
スピードに乗らないと反対側を登りきれません。
合流出会いがしらの衝突が危ないので、迂回コースとの合流点から度胸一発で行きましょう。
直滑降禁止なので、縦に長いロングターンで。

2007112424.jpgゴンドラコースの途中、橋の反対斜面です。
やっぱり最低でも迂回コースとの合流点から直滑降しないと余裕で登れる、ということはないですね。
ところでこうして見ると以前のコースがずいぶん上にあるように思えるんですが、除雪の関係ですよね?

2007112425.jpgゴンドラコースの途中、掘削されたコースと元のコースが合流する地点です。
この祓川沿いの真っ直ぐなコースは、夏の林道のようです。

2007112426.jpgゴンドラコース下部、森林部分です。
平らでコース幅が広いので、スノーボーダーがジブトリックの練習をしながら滑っていました。
周囲の安全確認は忘れないように。

2007112427.jpgゴンドラコースの終点です。
昨日と同じく、ゴンドラ乗車待ちの行列がちょっと長く伸びていましたが、列が立ち止まらずに動いている感じでした。

2007112428.jpgみつまたゲレンデのサンライズコースです。
昨日と同じく、一度サンライズコースを滑ってきました。
スキーヤーのスプレーが綺麗です。

2007112429.jpgみつまたゲレンデのファミリーコース中腹です。
昨日に比べて、初心者、初級者のスキーヤー、スノーボーダーが多かったように思います。
秋なのに春スキーみたいな感じです。

2007112430.jpgみつまたゲレンデのファミリーコース下部です。
今日は第2クアッドまで動いているので、第1クアッドの混雑はほとんどありませんでした。
このちょっと急になっている斜面には慣れないスノーボーダーが座っているのですが、やっぱり危ないですね。

2007112431.jpgみつまたゲレンデの第2クアッド沿い、大会バーンです。
コースをロープで仕切って練習用コースの準備をしていました。

2007112432.jpgみつまたゲレンデの第2クアッド沿いのコースの終点です。
右端のテレインパーク建設予定地まで綺麗に圧雪されていました。


|

« かぐらスキー場 | トップページ | かぐらスキー場 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42425/17171940

この記事へのトラックバック一覧です: かぐらスキー場:

« かぐらスキー場 | トップページ | かぐらスキー場 »